光回線とは、分かりやすく言えば、光ファイバーケーブルを使用したブロードバンド回線になります。

また、光ファイバーを利用した通信回線、もしくは、光ファイバーを利用したプロバイダ契約回線のことを差す場合もあります。

光ファイバーとは、ガラス、もしくはプラスチック製の3ミリ程度の極細いケーブルに光を通した回線になります。

従来の回線は、ケーブルの中を電気が通っていたのですが、光回線はその名称の通り光が通りますので、今までのように電気的な影響を受けることもありません。

ちなみに、従来の電気を流していたものに比べ、高速かつ信号の減退が少なく、ノイズに強いという特徴を持っております。

さて、その光回線を使用するためには、光ファイバーを電柱などから使用する建物に引き込むための工事が必要になり、業者に依頼しなければなりません。

一昔前までは、工事を申込んだ後、約2ヶ月から3ヶ月という長い期間が必要でしたが、現在は、大幅に短縮されており、1週間から2週間という短い期間で終了するとのこと。

また、マンション、アパートにあらかじめ光ファイバーが引き込まれていれば、工事期間は1週間前後で完了とのことです。

但し、工事期間に関しては、引越しが多くなる春先は、1週間から2週間で完了しない場合があります。

春先に引越す計画、予定のある人は、早めの申込予約を行い、予約状況、工事完了日を確認しておくことをおすすめします。